現役歯科衛生士も知らない、新しい働き方レポート「人材派遣」

世の中の歯科クリニックは常に歯科衛生士の採用困難が事業課題となっています。
歯科衛生士の採用が活性化しないと歯科クリニックの経営つまり売上げに大きく影響します。
安易に”Indeed(インディード)”の様な求人検索サイトなどに登録をしても中々歯科衛生士は集まりません。

求人検索サイトは無料なものから有料なものまで有り、中には月数百万円の高額な広告費用を支払っても思ったような人材が獲得出来ないのが現状です。

歯科衛生士 求人

何故多くの歯科クリニックは歯科衛生士の採用が上手く行かないのでしょうか?

根本的な理由として歯科衛生士自体の能力、働き方、ライフプランなどを無視した医院長または経営者の独断と偏見が正しいと勝手に認識してしまっている点があるかと思います。

歯科衛生士は歯科クリニックに対して希少で重要な人材である事は、多くの歯科医院長や歯科医師は認識しています。
実質数で考えると全国の歯科クリニック数が約7万件といわれている中、歯科衛生士資格を保有している人は12万人と言われて不足している様に思います。

また求人検索サイトなどを見てみると、歯科衛生士求人募集の多くは時給1500円程度、月給25万円程度と一見は高額に映りますが上記の通り希少性や経営への影響を考慮すると全くもって安いと思ってしまいます。

個人的には時給であれば2500円以上、月給であれば40万円以上は支払う価値十分あるのではないのかと考えてしまいます。

ですが、歯科経営における経営課題は深刻です。
特に集客及び営業活動におけるマーケティングが不完全な為、競合だらけのエリアで数少ない潜在顧客を奪い合ったり、無駄な広告費用を出し続けたりしているのが現状です。

さらに、外部収益が少ない歯科クリニックでは営業活動の幅も狭く、歯科治療のほか、ホワイトニングや定期健診または歯ブラシなどの備品提供くらいしかないのが経営に影響している様です。

そこで私が有効な策と考えるのは歯科衛生士の人材派遣です。

  1. 継続的に給与を支払う必要がある(年収換算350万円以上)
  2. 求人募集活動に費用がかかる

・紹介の場合は年収の30%程度 105万円程度
・広告の場合は 150万円程度

つまり1人の衛生士を採用するとなると年間で社会保険などを差し引いても450万円以上の高額な支払いが発生します。

そこで有効なのが人材派遣になります。人材派遣は必要な時間帯、必要な期間働いてもらえば経済的な課題はかなり軽減する事が可能になります

しかしながら、人材派遣法では基本的には”医療行為”を行う人材の派遣は禁止されています。(医師、歯科医師、看護師、歯科衛生士等)

ただしこの禁止は不完全で紹介予定派遣(雇用を前提の派遣)という事であれば最長6カ月間という期間限定で派遣契約をする事が可能です。

(※紹介予定派遣なのでその後正規雇用するか、雇用しないかの意思決定は必要となります。)

人材派遣法を上手く活用する事で歯科クリニック側としては必要な用途、期間を定めた給与支払い

歯科衛生士側には自分に合ったクリニックを働きながら(給与をもらいながら)選べるという相互のメリットが発生します。

結論:歯科衛生士の人材派遣は有効な事業戦略だと私は思います。

実際に「歯科衛生士の人材派遣」を探してみると、行っている人材派遣会社は少ない事に気づきます。

なかなか「人材派遣」には抵抗があるようです。

最近では神奈川県横浜市のu2株式会社という人材派遣会社が歯科衛生士、歯科医師の人材派遣または有料職業紹介を行っています。

以上歯科衛生士の新しい働き方人材派遣の活用についてのレポートでした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です