転職 衛生士 エージェント

歯科衛生士画像

歯科衛生士が普段何を考えているいるかと調査すると意外な一面がある事に気付く
一見華やかで美しい印象の歯科衛生士達は不思議な事に、
転職と結婚という間で苦しんでいるという。

なぜそのような結論に行きついたかというと、歯科クリニック内は少人数で出会いが少ない
加えて女性中心の業務な為、男性との接点は同じ職場の歯科医師かクライアントまたは 歯科の関係者に絞られるという事らしい。

ただ自ら男性を発掘にいく肉食系歯科衛生士もいるので、一概には言えない。

そんな衛生士、同時にキャリアアップと転職にも頭を悩ましている。
悩みの原因は歯科クリニックという閉鎖的な空間とマーケット、 加えて女性中心の職場な為、退職して結婚し復職するという事が中々難しいらしい。

同様な医療・福祉の職業でも、看護師や保育士の方がその辺りは活発である。
また残念な事にキャリア形成も中々し辛いのも歯科衛生士の辛いところだ。

経験や技術といっても、承認されたり昇格したりする環境は殆どなく、
歯科医師とも職域が異なる為、お局になるか引退するかという様な選択を迫られる。

一般的に衛生士の業務範囲は「一般歯科衛生士業務」という括りをされている。
スケーリング・SRP・TBI等の歯周処置、オペのアシスタント、ホワイトニングといった内容が 歯科衛生士の業務内容だ、それ以外はあまりない。

歯科衛生士の彼女達にとって結婚とは達成や成功を意味する。

ところが有効な出会いが少ない、この為最近ではマッチングアプリの登録で彼氏を探すという人が増えている。
アプリ内のプロフィールを見ると、その多さに驚く。よほど業務狭さと出会いの乏しさが彼女らを苦しめている。

結婚出来ない方々は現在の職場で生き続けるか、転職するしかない。
ただ転職の仕方ががわからないというのが歯科衛生士である。

そこで彼女たちに新たな環境を生み出す為ね、転職エージェントたる存在が必要になるわけだ。

転職エージェントの大きな役割は、彼女たちの現状を理解し新たな環境を案内し、
将来を創る手伝いをしてあげるという役割である。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です